イノブンインテリアデザインblog

イノブンのお店をデザインしてきた作者が 店舗,住宅のインテリアをプロデュース

大津のお家の建替え工事が、もうすぐ始まります。

代々受け継がれた古い古民家

蔵もあり、骨董商のお家だけに
IMG_4749
珍しい金庫や、不思議な大黒天様

リノベ-ションをさせていただきたかったですが

次の世代へのこしたいという事で今回の新築工事となりました!

確認申請の手続きも終わり

工事のスタートであります。
IMG_4737_2

最近 『騎士団長殺し』(村上春樹)にはまっており

東京出張の車中で 、上下巻読破できそうであります。(笑)

作中にでてくる、イデアが どうもこのお家の大黒様とかぶります

写真は、いやがられたので?撮れていませんが

短めの 甚平の様な服をきて素足が見えて軽やかな出で立ち

珍しい大黒様である分、霊験あらたかな像なんだと思われます・・・・.

長い間お家を守られてきて、ちょっと一休みですね!

いいお家になるようたのんだぞって
耳元でささやかれてる様です(笑)
 

イノブン京橋店オープン♬
IMG_6445_2
施設側の評判もよく、つい立ち寄りたくなる空間になりました
空間の力、 商品の力,  接客の力
IMG_6418_2
商業デザインのプロとして色々葛藤のある中
デザイン的にただカッコいいとか、きれいなだけでは
ショールームになってしまいますし、商品力だけに頼ると
つまらない店になってしまいます。
IMG_6388
商品、お客様、スタッフ が生きる空間づくりが
店舗のデザインだ!と考える中、バランスの取り方に葛藤があり
自分なりに挑戦して参りました〜
IMG_6409_2
いろんな条件がいい様に働いてくれて
雰囲気の良いショップになったと思います!
工事関係者、イノブンの仲間たちみんなに、感謝!!!
IMG_6384
 


京橋の京阪モールにイノブンが出店
3/17グランドオープン
内装工事もほぼ終わり只今商品陳列中

引渡し時店長も感動してくれて

いい心持ちでスタッフみんなに伝えてくれています

工事中の暗がりとは打って変わり(夜間作業)
明るい光が回り
IMG_6115

いい空気が流れ始めています・・・・・・・・・

今までのイノブンとは少し違った感覚を(写真をチラ見せ・・・)
_DSC0554
都会の中の広場
ゆったりとした癒しではなく

ほんのひとときの癒しを提供できる様な空間を目指しました
フランス版グエル公園

気持ちの高鳴り、高揚感、楽しさを感じれる空間

魅力的な商品が

昨日とは、違う今日を感じ

新しいあなた自身を 発見できそうです!

京橋店は、京阪電車特急停車駅
JR大阪環状線の停車駅
京阪の駅にある京阪モール内ホテル棟の2階にあります

コブクロが路上ライブをやっていた(笑)

JRと京阪の間の広場が

イノブンからみえます!是非お越しください。
 

先日、滋賀県の守山にあるしふぉんさま
久しぶりに打合せに寄らせていただきました!
IMG_6080
IMG_6079
心地よい空間は昔のママ
2013年にオープンされてますから
かれこれ4年に成りますね
いつも暖かく迎え入れて下さって、有難うございます!
IMG_6076
その時決めて塗り替えたトイレのドア
きっちりアクセントとして
お店をもり立ててくれています(笑)
IMG_6078
昔日の友 にあったようで
仕事ながら癒されました♪ 

イノブン京橋店、工事の引き渡しに寄りました

いい店ですよ!あえて写真は載せませんが(笑)

是非、楽しいお買い物ついでに、空間体験にお越し下さいませ〜 

2017,3/17オープンです!!!! 

土曜日、北大路のお客様引き渡し修了!!
FullSizeRender
去年の7月から打合せプランニングが始まり

かれこれ半年以上のお付き合いと成りました♪

屋根の補修と和室を英語教室にしたいと言うお話から

ふくれあがり

何かに導かれるよう 今の完成と成りました!

施主とのお話の中 深いイイお話しが聞けました 
ウインド
 店名のエトワール デ シェルブルー(フランス語)
青空色の星と思っていましたが.間違いでした。

青空の星☆という意味でした・・・

晴れ上がった青い空に.眼に見えない星達が瞬いている 
眼に見える部分だけじゃない 本質

水谷 修 氏(夜回り先生)の本を読んで感銘を受けられた施主の命名

Etoiles de Ciel Bleu 

ショップらしからぬ店名ですが

お家でもあるので

気付かれない原石は、そこかしこに転がっています
物事の本質に気付き
そんな埋もれた星に気が付ける人間で在れる様

また、
きらびやかな舞台に立てていなくても
キラキラ輝くスターで あれる様
磨いていかないといけませんな(笑) 

このページのトップヘ